私たちについて

新エネルギーへの開発、製造、販売、運用、メンテナンスを一体となるハイテク企業です。

揚州冠中電力設備有限会社は、新エネルギーへの開発、製造、販売、運用、メンテナンスを一体となるハイテク企業です。当社は中小型風力発電ユニットシステムの開発と普及に専念していて、先進的な設計コンセプトと豊富な施工経験を持っています。

当社の工場敷地面積が約20000平方メートルです。当社には中国の最も先進的な、自主開発の電機検出プラットフォーム、風ホイールバランス調整プラットフォーム及可変ピッチシステムテストプラットフォームとその他のさまざまな風力発電ユニットの専門試験装置があります。

当社は中国の有名な風力発電の専門家が率いる専門技術チームを保有。核心者は40年の風力発電ユニット設計経験を持ち、かつて中国「863計画」プロジェクト ——「メガワット級変速恒頻風力発電ユニット」の研究項目の設計者で、そして2005年7月31日に遼寧省仙人島風場で中国初となる自主知的財産権を持つメガワット級の風力発電ユニットがオングリッドに成功しました。

当社は市場向け、技術の革新を堅持し、大型風車のデザイン理念を採用し、発電機、電気制御などを含めて、風車全体が完全自主的に研究開発と設計を行います。風車は知能的な可変ピッチ技術、自動安全保護システム、自動ヨーと液圧/電磁ブレーキなど完備な保護システムを備えています。

当社は「品質第一、サービス第一」を理念として、製品開発に革新を続け、既存の製品を基礎にして、今積極的に100K、330Kなどのシリーズの製品を開発しています。当社は風電事業発展の推進に努めて、世界的に有名な風車知能製造企業を作るように努力しています。

当社の生産管理、プロセス技術、設備の検出、品質管理などの方面には厳格に管理しています。先進的な生産設備、検査測定設備、専門技術者とワンストップの加工生産システムを使っていて、標準化の操作で製品の質の量が安心させていて、風車の使用寿命が20年間であることを実現しました。

揚州冠中電力設備有限会社はすべての版権を所有。